草花のレリーフ洋皿 パンジー / BOX入り

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
草花のレリーフ洋皿 パンジー / BOX入り

販売価格 2,000円(税込2,160円)
型番 t1538/1210
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT


サイズ
外(縦×横)…17.5×25センチ
内(縦×横)…10.5×18.5センチ
高さ…2センチ 
   


※周囲の小物は含まれません。





草花のレリーフ洋皿 パンジー / RARI YOSHIO×on the table

この器は、お一人さま(一軒のお届け先につき)2客までの購入とさせていただきます。

2017年春・秋、2018年春の陶器市に会場装飾をお願いした那須在住のクリエーター・RARI YOSHIOさんとコラボレーションした器を製作しました。
RARIさん描き下ろしイラストの『パンジー』をレリーフで入れたお皿です。
色は黒土にツヤのある白い釉薬をかけた「ホワイトグレー」。可憐で繊細ながらも、どこか力強さも感じるイラストの雰囲気に合った、優美ではあるけれど主張しすぎない、そんなオトナな器に仕上がりました。これからの時季なら、クリスマスのケーキ皿として使えば、ぐっとオトナな雰囲気のシックなクリスマスを演出できそうです♪1人分のケーキをのせられるサイズを意識して製作しましたが、ケーキ皿としては十分な余裕がありますので、お食事時の銘々皿としても活躍しそうです。

さらに今回、よしざわ窯オリジナルのBOXを作りました!(下写真3枚目)
1客ずつ、BOX入りでの販売となります。
大切な人への贈り物に、いつもお世話になっている人へのお礼に、自分へのご褒美に…。
とっておきのギフトとして、ぜひオススメしたいです。




当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつで、一客一客で大きさ・形が微妙に異なります。手作り感漂うのは、そのためだと思います。また、多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁の部分は、小穴が見られたり、釉薬が薄く素地の色が分かるものもあります。





自分へのご褒美時間にも


 
今回RARIさんとのコラボでできた器は、オトナっぽくてちょっとカッコイイ、甘くないけどかわいさもある、言うなれば「オトナかわいい」器。
凛とした雰囲気があり、いつもより少しだけ背伸びして特別な時間を過ごしたい時に使うのにピッタリです。
少し疲れがたまっていると感じる時、よく頑張ったなと思う時、
「今日は自分にご褒美をあげたい…」そんな日にはぜひこの器でとっておきのスイーツを。
たまには自身をいたわって、ちょっとだけ特別な自分のためのご褒美時間をぜひ♪

*もう1種類のコラボ商品「草花のレリーフ洋皿 スズラン」と一緒に使っても素敵です。

2018年12月 オオタケ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かい鉄点や凹凸、小穴が見られるものがあります。お花や文字の出方は1客1客異なり、見えにくいものもあります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。中には、粘土のうねりが表面に見えているものや施釉のハサミ跡が見られるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に細かい鉄点や凹凸、小穴が見られるものがあります。また、釉薬の飛びや流れ、ムラが見られ、溜まりが感じられる部分もあります。中には、底面部分にへこみが感じられるものもあります。



重ねた時と、CDケースとの比較写真です。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず、ご利用ガイドのページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category