サンタさんの白髭鉢

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
サンタさんの白髭鉢

販売価格 800円(税込864円)
型番 i3030/1126/0000
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
購入数
   


サイズ
縦×横…5.5×13センチ
高さ…3センチ



※周囲の小物は含まれません。





サンタさんの白髭鉢 / クリスマス限定製作

テーブルに置くだけで楽しくなるような…“アイテム的”に使える器が欲しい!と思って作った、髭の形の小鉢。いつもはチャコールの「ちょび髭鉢」として製作している器ですが、クリスマスに合わせ、サンタさんのお鬚をイメージし、色を「ホワイト」で仕上げました。ホワイトシリーズは、ツヤのない白色の上に釉薬が結晶のようになっている部分があったり、鉄点や細かいそばかすが所々に出ていたりします。焼き色は一客一客で微妙に異なります(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので予めご了承下さい。
ちょっと独特な形ですが、意外と使えるアイテムになってくれる器です。ワンプレートにのせるドレッシングやソースの器としてはもちろん、ナッツやスナック、薬味など少しずついただくものの器としてもオススメです。



たたら作りの器(写真左)と、鋳込みのカップ(写真右)は、使用している「土」が異なるため、同じ釉薬を使用していますが、発色が少し異なります。たたら作りの「チャコール」に比べ、鋳込みの「チャコール」は、少しツヤっぽい感じがあります。

「鋳込み(いこみ)製作」とは、「泥しょう(でいしょう)」と呼ばれる、陶土を液状にしたものを石膏型に流し込んで形を作ります。



鋳込み製作中のワタナベさん。石膏の型に泥しょうを流し込んでいます。



しばらくすると、泥しょうが固まるので型からはずします。



出来上がり!
こんな感じで製作するので、 ろくろ、たたら作りでは作ることが難しい形を作ることが出来ますし、器の外側に凹凸で表現した模様を入れることができるのです。*写真は「サンタさんの白髭鉢」とは異なります。


また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。






食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。ザラッとした手触りが感じられるものもあります。ご了承ください。





リースサラダの真ん中に…



サンタさんご自慢の真っ白で立派なおひげをイメージした器なので、クリスマス感のあるプレートに使ってみたい!と思い、まずはリースサラダの真ん中において、ドレッシングを入れました。クリスマスパーティーのテーブルに登場したら、話題になること間違いなし♪小さいけれど、存在感バツグンです!

*サラダのプレートに「白釉 flower pattern 丸皿25cm」を使っています。


サンタクロースといえば・・・



赤い色と一緒にコーディネートすると、まさにサンタクロース!
テーブルのクリスマス感がいっきにアップします♪

*プレートに「白いラウンドリムプレート6寸ケーキ皿」を使っています。


普段使いにも♪



ちょっとずつつまみたいようなおやつの器として、いつものティータイムにさりげなく使うのもかわいいです。
今日は、おひげの色に合わせて、ブールドネージュを♪

*お皿は「チャコール ダブルリムオーバル皿」を使っています。

2018年11月 オオタケ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、小穴や凹凸が見られたり、鉄点が見られたりするものがあります。釉薬が溜まっている部分にピンホール(小穴)が多く見られるものや、はさみ跡が見られるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に、凹凸やそばかすのような鉄点がみられるもの、ピンホール(小さな穴)が多く見られるものがあります。また、縁の部分が焦げたように発色しているもの、底面に作業跡が見られるものもあります。



重ねた時の写真。 重なる…というより「のる」という感じです。




当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

オーダーの前には必ず、「ご注文の前に」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category