AG シルバーモチーフ 正方鉢 5客制限

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
AG シルバーモチーフ 正方鉢 5客制限

販売価格 1,500円(税込1,620円)
型番 i3027/0226
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT


サイズ   
縦×横…13×13
(*持ち手まで含めた長さ…16センチ)
高さ…3.5センチ



※周囲の小物は含まれません





*製作コストの都合により、「シルバーシリーズ」の一部商品を値上げさせて頂きました。(2018年2月)
1296円(税込み)→1620円(税込み)になりましたので、予めご了承下さい。


アッシュグレー シルバーモチーフ 正方鉢

この器は、お一人様(一軒のお届け先につき)5客までの購入とさせていただきます。

中世のヨーロッパ貴族が愛用していた「銀食器」をモチーフにした器です。「銀食器」特有の繊細な模様を、縁と取手部分に施しました。形は鋳込み製作した丸みのある正方形。色は黒に近い灰色の「アッシュグレー」。みずみずしいツヤで覆われていて全体的に艶やかな印象があります。その色は均一ではなく、釉が薄い部分は素地の色が見えたり、釉薬の成分が表面に黄色っぽく発色している部分もありますので予めご了承ください。一客一客で焼き色は異なります(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので予めご了承ください。また、全体にそばかすのような細かい鉄点や青く発色した点が出ているものもあります。
お気に入りのお菓子を並べてもかわいいですし、少し深さがあるので汁気のある副菜やデザートなどにもぴったりだと思います。ヨーロッパ気分に浸りたい時間にぴったりの器かもしれません。





「鋳込み製作」しているので、若干の違いはありますが、大きさ・形は比較的揃っています。

「鋳込み(いこみ)製作」とは、「泥しょう(でいしょう)」と呼ばれる、陶土を液状にしたものを石膏型に流し込んで形を作ります。



鋳込み製作中のワタナベさん。石膏の型に泥しょうを流し込んでいます。



しばらくすると、泥しょうが固まるので型からはずします。
こんな感じで製作するので、 ろくろ、たたら作りでは作ることが難しい形を作ることが出来ますし、器の外側に凹凸で表現した模様を入れることができます♪


*写真は「アッシュグレー シルバーモチーフ 正方鉢」ではありません。

ここからが「シルバーシリーズ」の難しいところ。
〃燭らはずしたものを器の輪郭に沿ってカットしていきます。横から見た時の厚みを揃えながらカンナでまわりの土を削っていきます。D賁未良分は平らになるようにスポンジを使って均していきます。ず埜紊鳳錣良分の凹凸をスポンジや指で整えて完成。(写真は「シルバーモチーフ オーバル」を製作している様子です)



この作業は、一日にできる数が50個程度。とても時間が掛かる作品のひとつです。




食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。小さな凹凸があり、ザラッとした手触りのものもあります。





茶系のナッツやお菓子がお似合い♪



ワインのおつまみにナッツを用意する時にぴったりな雰囲気で気に入っています。銀食器をモチーフにした器と小洒落た食材を合わせるととっても素敵なテーブルに*



たまのお休みにカフェ時間を過ごしたくなる、黒磯のカフェSHOZOさん。2階のカフェに行くまでに通りずぎる1階の販売スペースには誘惑がたくさん♪いつも誘惑に負けてしまい…笑。この日はアッサムティーの茶葉を購入しました。頂いたお菓子とSHOZOさんの紅茶で優雅なティータイムを過ごしました。

2018年2月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面に小穴や鉄点が見られるもの、釉薬の流れや溜まりが感じられる部分もあります。中には、青く発色した点が見られたり、細かな凹凸でざらざらとした手触りのものもありますので予めご了承ください。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。細かい凹凸や小穴が見られるものがあります。また釉薬の流れや溜まりが感じられるものもあります。底面には道具跡や作業跡が残っているものもありますので予めご了承ください。



重ねた時と、CDとの比較写真です。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

オーダーの前には必ず、「ご注文の前に」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category