TB 蝶とリボンのオーバルリムプレート 5客制限

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
TB 蝶とリボンのオーバルリムプレート 5客制限

販売価格 1,200円(税込1,296円)
型番 t1435/0213
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT


サイズ   
外(縦×横)…17×23センチ
内(縦×横)…13.5×19センチ 
高さ…1.5〜2センチ



※周囲の小物は含まれません。





ヨーロッパでは、復活祭(イースター)の3日〜1週間前(2月)に「断食」をする風習があるそうです。その断食に入る前に食べて、飲んで、それから賑やかな仮装で街を歩きパレードをするお祭りが「Carnival」(=カーニバル/謝肉祭)。
器たちもたまには「仮装」してみるのもいいかな…と思い(笑)、当窯シンプルメンバー3種類のプレートに華やかなリボンの模様を入れてみました。このリボンは良く見ると美しい蝶の模様になっています(デザインについての裏話はページの下部をご覧ください)。
そして釉薬は、シトロン・トルコブルー・ブルーグレーを使って、春の装いに。



「ブルーグレー 蝶とリボンの正方リム皿」
「シトロン 蝶とリボンのラウンドリムプレート」

この器たちには「カーニバル」にちなんで、パーティーの時にしか食べられないような…
豪勢なお肉料理、大盛のサラダ、そして甘々なスイーツなどを盛り付けて楽しんでもらえたらと思います。
編集部では、ここぞとばかりにパンケーキ、ポテトサラダ、ハンバーグを“タワー盛り”にしてみました。



たくさんのお皿を周りに置いたら、パレードしてきた3種類の器を沿道でみんなが歓迎しているかのようになりました!
「蝶とリボンのお皿」たちに、お持ちの器をたくさん合わせて
春はおうちで「器パレード」を楽しんでみてください♪

2018年2月 ナカハラ



トルコブルー 蝶とリボンのオーバルリムプレート / 2月限定製作

この器は、お一人様(一軒のお届け先につき)5客までの購入とさせていただきます。

「オーバルリムプレート」にはトルコブルーを掛けました。青い器の中に美しい蝶が舞い、春の青空を連想させる雰囲気に♪
トルコブルーは鮮やかな青色。全体的に釉薬のムラや溜まりが見られたり、焦げたように発色しているものもあります。また焼き色や模様の出方は一客一客で異なります(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。リムがあるので、多少の汁気なら受け止めてくれると思います。
「蝶とリボンのお皿」はカーニバル時期、2月限定製作です。





当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。また多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。また縁は焦げたように発色しているものもあります。





ハンバーグタワー♪



ハンバーグを4つ積み上げてハンバーグタワーを作りました。一番上からソースをたっぷり掛けてチーズとトマトをのせて電子レンジで温めるとチーズがとろりとフォトジェニック!
ハンバーグの形とオーバルリムの形がちょうどぴったりで嬉しくなりました。
お皿の中にいた蝶々が飛び出してきて一番上にちょこんと乗ったイメージでにんじんを型抜きした蝶々を付けました。
パーティーの時にもぴったりのメニューだと思います。ぜひお試しください♪

2018年2月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面に細かい鉄点や小穴が見られます。また、釉薬の流れや溜まりが分かる部分もあります。釉薬が溜まっている所は結晶のようになっているものもあります。縁の部分は焦げたように発色していたり、仕上げの凹凸が分かるものもありますので予めご了承ください。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や小穴、釉薬の流れやムラが良く分かるものもあります。中には、釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものがあります。また底面には道具跡が感じられるものもあります。



重ねた時の写真。






◆◆◆「蝶とリボンの器」製作秘話◆◆◆

「カーニバル」をテーマに…
シンプルな器に施す「賑やかな仮装」を考えるところから製作が始まりました。
“蝶とリボン”で可愛く!というのはどうだろう?ということで製作部キャプテン・ナリヨシさんにお願いしたデザイン案がこちら。



ちょっと遊び心を感じる「仮装」にしたくて、これらの”蝶とリボン”をハート型になるように配置してもらってみたのですが…



「カーニバル」とリンクさせる要素を感じさせるにはもう少しスパイスが必要な気がして…
それから暗礁に乗り上げてしましました。
シンプルだからこそ良いデザインの器たちに、「仮装」させるということは中々難しいものだったんです。
模索する日々が続く中で、「蝶がリボンを作ってくれたら素敵かもしれない」という思いつきから、改めてナリヨシさんに描いてもらうことに。



さらに上の製図に「蝶はリアルなものよりも、シルエットだけのほうがいいと思う」というナリヨシさんの案や、「蝶がきちっと詰まっていない方が素敵かも」という案から様々な調整が加えられ、最終的にシルエットの蝶が集まってきてリボンを作っているデザインで決定!スタンバイしていた3種類の型にそれぞれ蝶のシルエットを彫ってもらい型が完成しました。
幻想的な世界感の器になってメンバー皆満足のいく仕上がりに♪



2018年2月 



当窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。
同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。


同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

オーダーの前には必ず、「ご注文の前に」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category