オートミール 洋なしタルトのお皿

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
オートミール 洋なしタルトのお皿

販売価格 800円(税込864円)
型番 t1285/1126/0000
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
購入数
   


サイズ   
外径…12.5センチ   
内径…11センチ
高さ…2センチ



※周囲の小物は含まれません





オートミール 洋なしタルトのお皿
 
メンバーも毎回ウキウキ混じりで製作している「オイシイ」器たち…。
パイやタルトの器を作ったらかわいいかも♪ということで、色々なパイやタルトの写真を並べてはどんな器がいいかなと考え、本物のパイやタルトに見えるような色を探り探りようやくできあがった3種類の器たちです。



「ココア アメリカンパイのお皿」
「あめ色 アップルパイのお皿」



ひとつは「洋なしタルトのお皿」(上写真中央)。スライスした洋なしをたくさん重ね合わせて焼いたタルトのイメージです。色はタルトの生地の色に近い、ツヤのない「オートミール」で仕上げました。一客一客、明るめだったり、落ち着いたトーンだったり…焼き色に違いが見られます(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので予めご了承ください。また、表面、裏面共にそばかすのような鉄点が多く見られます。
形的には、ソース程度の汁気なら大丈夫です。おやつ皿や子どもたちの取り分け皿としてもかわいく使えます♪



写真では分かりにくいですが「オートミール」の色は、黄色がかったようなあたたかい色合いです。
「ホワイト」や「白」の器と比べた写真です。色の違いをご確認ください。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。また、がたつきが見られるものもあります。予めご了承ください。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は、釉薬が薄く素地の色が感じられるものもあり、ザラっとしているものもあります。





あたたかなおやつ時間



ホッとした気持ちにしてくれる「オートミール 洋なしタルト皿」。
ビスケットを並べて、おしゃれなデザインの紅茶をいただきながらおやつ時間。
テーブルをあたたかな雰囲気にしてくれる器でとても気に入っています♪
お菓子皿としてはもちろん、小さめの取皿としても素敵です。

2018年3月 ナカハラ



サンタさんへお礼のクッキーを♪



クリスマスイブの夜、こどもたちにプレゼントを届けるため、
トナカイの引くそりに乗り、世界中の夜空を飛び回るサンタさん。
そんな大忙しのサンタさんに「ありがとう」と「おつかれさま」の気持ちをこめて準備するクッキー。
我が家では、こどもたちが心を込めてサンタさんへのクッキーを作るというのも大切なクリスマスイベントのひとつになっています。
そして今年のクリスマスは、器の見た目からおいしそうなパイとタルトのお皿を使おうと計画中…♪

「オートミール タルトのお皿」は、どんな焼き菓子とも合わせやすく、美味しそうに見せてくれます。
今回は、チョコチップクッキーを♪小さめのクッキー2、3枚がちょうどいいサイズ。
サンタさんがチョコチップクッキーを牛乳にひたして食べている姿が目に浮かびます。笑
(クッキーにはお礼のお手紙とサンタさんが大好きなミルクを添えるのを忘れずに☆)

2018年11月 オオタケ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、小穴があったり、細かい凹凸やそばかすのような鉄点が多く見られます。また、釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものがあります。中には、縁の部分の釉薬が薄く素地が感じられたりツヤを感じられたりするものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。細かい凹凸や小穴、釉薬の流れや溜まりが分かる部分もあります。



重ねた時と、CDの比較写真です。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

オーダーの前には必ず、「ご注文の前に」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category