ロシアンクッキー皿

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
ロシアンクッキー皿

販売価格 1,000円(税込1,080円)
型番 t1254/1022
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT


サイズ   
径…13センチ
高さ…1.8〜2センチ



※周囲の小物は含まれません。





ロシアンクッキー皿

クッキーの詰合せでよく見かけるロシアンクッキー♪ロシア人のお菓子職人が、ロシア伝統のお菓子を日本に伝えた昭和時代から愛されているのだとか。真ん中に赤いジャムが入っていて、とっても可愛らしいイメージのクッキーをモチーフにした「ロシアンクッキー皿」は、オートミールの釉薬で仕上げました。絞り袋からクッキー生地を出した形をイメージして、リム部分にだけ渦巻きのような模様を施しています。一客一客、明るめだったり、落ち着いたトーンだったり…焼き色に違いが見られます(写真下3枚目)。予めご了承ください。
かわいらしさを残しながら、どこか大人っぽさが感じられる雰囲気です。少し深さがあるので多少の汁気なら大丈夫です。銘々皿やお菓子皿としてもかわいく使えます♪ロシアンクッキー風に真ん中に赤色が入ったお料理をのせてもステキかもしれません。



鋳込いこみ製作」しているので、若干の違いはありますが、大きさ・形は比較的揃っています。
「鋳込み製作」とは、「でいしょう」と呼ばれる、陶土を液状にしたものを石膏型に流し込んで形を作ります。



鋳込み製作中のワタナベさん。石膏の型に泥しょうを流し込んでいます。



しばらくすると、泥しょうが固まるので型からはずします。



出来上がり!
こんな感じで製作するので、 ろくろ、たたら作りでは作ることが難しい形を作ることが出来ますし、器の外側に凹凸で表現した模様を入れることができます♪
*写真は「ロシアンクッキー皿」ではありません。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は、細かい凹凸がありザラっとした手触りが感じられる部分や、鉄点が見られるものもあります。





フルーツをのせたら♪



フルーツをのせたら、フルーツタルトみたいになってカワイイ♪(…でも、これはタルト皿ではなくて、ロシアンクッキー皿なんですけどね) 取皿として、銘々皿として、おやつ皿として、このお皿は何に使ってもカワイイ♪と思います♪


嬉しい出来事と、あたたかなティータイム



足繁く通う大好きなカフェ。そのカフェで販売されているカヌレがとっても好きで、たまの贅沢おやつにしています。
先日、もう日が暮れた時間にミニカヌレを買いに行ったとき…スタッフのお兄さんが微笑みながら「おまけでこのカヌレも入れておきますね♪」とカヌレをひとつプレゼントしてくれたんです。
予想しないプレゼントをもらった時のようにとっても嬉しくて、心がほっこりしました。
大切なカヌレは、色合いがぴったりなこの器にのせてゆっくりいただこうと思います♪
あたたかな雰囲気の「ロシアンクッキー皿」は、優しいティータイムに最高の一皿としておすすめです。

あぁ、お兄さん、いい笑顔だったなぁ*笑。

2018年10月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、そばかすのような細かい鉄点や凹凸、小穴が見られます。釉薬の濃淡、ムラが感じられるものや、釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるもの、釉薬が結晶化して白い斑点状になっているものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や凹凸、小穴は表面同様に見られます。青い点が見られるものや、釉薬の結晶化、貫入が見られるものもあります。中には、底面に作業跡が感じられるものもあります。



重ねた時と、CDケースとの比較写真です。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

オーダーの前には必ずご利用ガイドのページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category