レイクグリーン らくだのお皿

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
レイクグリーン らくだのお皿

販売価格 1,200円(税込1,296円)
型番 t1255/
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT


サイズ  
縦×横…13.5×19センチ
(*器として使える部分の縦×横…11×14センチ )
高さ…2センチ



*周囲の小物は含まれません。





レイクグリーン らくだのお皿

らくだの形をしたお皿「らくだのお皿」。色は「レイクグリーン」。ツヤのある青味がかった緑色です。らくだは、砂漠を旅する人々に愛されてきた動物。そんならくだたちに、飾り用や旅人が乗るために掛けられていた、おしゃれな覆い布をイメージした、どこかオリエンタルな雰囲気のある模様を施してあります。旅の途中で目をつむって休んでいるところかな、と想像してみたり…、楽しいお皿です♪
少しだけ深さがあるので、多少の汁気なら大丈夫。こども用の器としてお使いいただいても、かわいいと思います♪
また、焼き色に差があり、青色っぽく焼けているものと、緑色っぽく焼けているものがあります(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので予めご了承ください。



頭の部分が下がってしまっているものがあります。予めご了承ください。


当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感いっぱいです。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。




ブドウの色も似あう♪



昔、子供のころ、ブドウと言えば「種なしブドウ」でした。デラウェアという名前があると知ったのは、大人になってからかも。小学生のころテレビで歌番組を見ながら種なしブドウをホイホイと口に入れて、食べ終えた皮が山になっているのを見て、不思議な達成感を感じていたのを覚えています。今は、種がなかったり、皮まで食べられる甘〜いブドウがたくさんあるけれど、我が家の二女も種なしブドウが好きなようで、ホイホイ食べています。そして、種なしブドウをのせるのは決まって「らくだのお皿」。皮はペーパーナプキンの上に置いてササっと捨てられるようにしています。「らくだのお皿」には物語性のあるペーパーナプキンを合わせるのが好きです♪ ささやかなことですが、ピッタリ合うものを見つけられると嬉しくなります♪

2018年8月 ヨシザワリエ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面に細かい鉄点が出ていたり、小穴や凹凸が見られます。また、釉薬の溜まりがよくわかるものや、縁の部分が焦げたように発色しているものがあります。また、「貫入(かんにゅう)」と呼ばれる釉薬のヒビが全体的に見られます。模様の出方も一客一客で異なります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に、小穴や鉄点、貫入が見られます。頭の部分の裏に釉薬が溜まってしまっているものもあります。中には、うっすらとシマシマの模様が感じられるものもあります。



重ねた時と、CDとの比較写真です。




追記
らくだの色はとっても悩みました。らくだ=キャメルといきたいところだけれど。
でも可愛らしいらくだを追及して、いろんな色をかけてみたんです。



5種類の色の候補(写真上)を出したけど、なかなかしっくりこなくて。
最後・・・・まったく最初は候補として上がっていなかった「レイクグリーン」をかけてみたんです。
そしたら一番大切にしたかった模様部分が、とってもよく出てくれたのです。
決定♪

毎回、器の形が決まっても色がなかなか決まらない・・・ということがよくあるんです。
そんな「色」についてのちょっとした製作話でした。



当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

オーダーの前には必ず、ご注文の前にのページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category