Oven Repertoire





寒い季節には、アツアツのオーブン料理が何よりのごちそうです。

オーブン料理と言えば、グラタンしか能がなかった私。

でも最近は、色々な本にのっていた自分でも作れそうなお料理に挑戦してみることも多くなりました。そうすると、もう少し小さい方が良いな…とか、もう少し浅い方が良いな…とか、やっぱり持ち手は必要だな…とか、オーブンに使える器への「注文」が多くなってきました(笑)。なんとなく、オーブン料理のレパートリーって、オーブン用の器の種類に比例するような気もしたりして。

タイトルの「oven Repertoire(オーブン レパートリー)」は、オーブン料理のレパートリーを増やしたい!という思いと、それには色々な「器のレパートリー」も必要なのよ!という思いが込められています。

作ってみたいお料理にピッタリかも♪ という器がありましたら、ぜひお試しください。

*「オーブンの器」は、秋冬限定製作です。10月〜2月くらいの間にご紹介を予定しています。

<追記> オーブン料理のときには、受け皿が必要なことが多いと思います。我が家では「チャコール ゆるしかくプレート」を受け皿として使うことが多いです。今までは大きなサイズしか製作していなかったのですが、今回は小さなものも作りました。ぜひ使ってみてください。ちなみに、当窯のオーブンの器はあめ釉で仕上げることがほとんどです。受け皿と器の間には布を挟むことが多いのですが、器はあめ色、受け皿はチャコールなので、布は赤色を使うのが好きです♪ お料理もおいしそうに見えるような気がしています♪

「チャコール ゆるしかくプレート・小」はこちら
「チャコール ゆるしかくプレート・大」はこちら



2016年10月 ヨシザワリエ


「オーブンの器」のご使用上の注意

陶器は急な温度変化、部分的な温度変化に弱い、という性質があります。ですので、熱い器を水につけたり、部分的に高温になるということにならないように気をつけてお使いください。

また、「オーブンの器」は、耐火土を使用しています。耐火土は保湿性・保水性が高いため、カビが生えやすいです。ご使用後は、裏側を上にして(釉薬がかかっていない部分から水分が良く抜けるので)2〜3日良く乾燥させてください。




  • « Prev
  • Next »

5商品中 1-5商品

トップへ戻る